10.Pixlr Editor でレイヤーマスクの使い方

レイヤーマスクの使い方では、まず、背景となる画像の上に

下のような、スカイツリーの画像を重ねて

レイヤーマスクを作成して使用します。

上の画像がレイヤーマスクを使用しての画像になります。

レイヤーマスクの概念としては、下のような事になります。

レイヤーマスクは、グレースケール画像で白と黒で構成されています。

黒の部分が非表示に成り、背景が反映されるようになります。

レイヤーマスクを使用すると、このような画像になります。

レイヤーマスクを作成

まず、背景となる画像をPixlr Editor に開きます。

続いて、背景の上に重ねる画像をレイヤーで開きます。

*メニューバーの「レイヤー」から「画像をレイヤーとして開く」をクリックします。

レイヤーパレットには、下のように「背景」と「レイヤー1」が表示されています。

ここで、レイヤーマスクを追加する前に、レイヤーマスクを作成します。

スカイツリーの画像のスカイツリーのみを表示されるようにする必要があります。

そこで、「選択ツール(W)」でツリー以外のところを選択します。

本来は、ツリーを残したいのでツリーを選択する必要があるのですが、選択しずらいので、まず、背景の部分を選択します。

ツリーの部分を選択するためには、メニューバーの「編集」から「選択部分の階調を反転する」をクリックします。

反転する事で「スカイツリー」の部分が選択範囲となります。

(ここでは、レイヤーマスクが作成されると、ツリーが表示されて、背景の部分が非表示になっています。)

ここで、レイヤーマスクを追加します。

レイヤーパレットの下部にあるアイコンの中から、左から二つ目にある 「 レイヤーマスクを追加」をクリックします。

(または、メニューバーの「レイヤー」から「レイヤーマスクを追加」をクリックします。)

クリックすると、レイヤーパレットに「スカイツリー」の画像の横に新しく「レイヤーマスク」が追加されます。

そして、クリックと同時に、

上の画面のように、「背景」に「スカイツリー」が現れました。

以上で、レイヤーマスクの使い方の解説をします。の完了です。


Similar Posts